物件購入の流れ

Flow of property purchase

1

情報収集と計画

不動産購入の目的や希望条件(場所・種類・広さ・間取・設備・入居時期等)をお聞かせください。現在のお住まいで改善したい点や希望をご家族でじっくり話し合い、希望条件の優先度ををつけていただくことも大切です。 ご自身の希望条件が明確なほど、スムーズに進みます。

arrow
2

ご購入の相談

具体的に希望条件が決まりましたら弊社にご相談ください。お客様それぞれのニーズにあわせた物件情報をご提案いたします。

arrow
3

資金計画

希望条件を踏まえ、自己資金とローン返済可能額などを確認させていただき、購入可能な物件をお探しします。不動産購入には物件価格以外にも仲介手数料や諸経費などがかかります。これらも合わせて資金計画を立てる必要があります。 住宅ローンなどの資金計画をプロがご提案いたします。

arrow
4

不動産の見学

気に入った物件が見つかりましたら現地をご案内いたします。物件の周辺環境・間取・日当たり・設備などお客様の目でご確認ください。チラシやホームページでは分からない情報を知ることができます。 疑問点などがございましたら、遠慮なくお尋ねください。

arrow
5

ご購入の申し込み

購入したい物件が見つかりましたら「購入申込書」にて購入の申し込みをお願いします。購入価格・購入条件・引渡し希望時期等を記入していただき、売主様と調整、交渉していきます。

arrow
6

重要事項の説明

担当スタッフが、売主様と契約条件を交渉・調整します。その後、買主様へ重要事項をご説明し、売買契約の締結が行われます。重要事項説明書の記載内容は専門的な用語も多く内容が分かりづらい場合もありますので、事前に内容をご覧いただき重要事項説明書の内容を十分に理解した上で契約に臨みましょう。

arrow
7

売買契約の締結

「不動産売買契約書」を売主様・買主様に交付し契約を締結します。「不動産売買契約書」には、条件交渉で合意した事項が盛り込まれていますので、契約内容をご確認後お互いが署名捺印し、買主様が売主様に手付金をお支払いいただきましたら契約成立となります。不動産売買契約の締結後は、契約書の記載内容に基づいてお互いの権利や義務を履行することになります。義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、不明な点は必ず担当スタッフにご確認ください。

arrow
8

ローンの申し込み

売買契約が完了したら、住宅ローンの申込です。住宅ローンを利用される方は、売買契約後に必要書類を金融機関に提出しローンのお申し込みを行います。ローンにはさまざまな商品がありますので、ご相談下さい。お客様に合った商品のアドバイスやお申込みのお手伝いも行なっています。融資承認が得られましたら、金融機関との間で詳細な借り入れ条件を決定し、ローン契約を結びます。

arrow
9

残金の支払い・物件の引渡し

住宅ローンの承認がおりましたら、残金決済と物件の引渡しを行います。売主様と調整し、自己資金・ローン等で残金の支払いを行い、同時に所有権移転の手続き・物件の引渡しを行います。

arrow
10

引越し・ご入居

引越し後いよいよご入居です。何かと面倒な引越しの手配等、分からない事があればお気軽にご相談ください。 慌しい時期だけに手続きや諸連絡など何かと忘れがちなこともあります。役所・学校などへの届け出も必要ですので、しっかり準備して漏れがないよう、チェックしましょう